フランス発認知症ケア「ユマニチュード」の定量化を試みているレポートから②―「マルチモーダル」とは何か?―

2019/11/05
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

 

フランス発認知症ケアの「ユマニチュード」の実践をビデオで撮ってその特徴を数値で示すことを試みたケースレポートの一部を10月月初に、ご紹介しました。
残りを本日、ご紹介します。キーワードは「マルチモーダル」です。

ユマニチュードに関するケースレポートの前回の記事

フランス発認知症ケア「ユマニチュード」の定量化を試みているレポートから―BPSDの削減に寄与―

ケースレポートへのリンク

Miwako Honda, Mio Ito, Shogo Ishikawa, Yoichi Takebayshi, and Lawrence Tierney Jr, “Reduction of Behavioral Psychological Symptoms of Dementia by Multimodal Comprehensive Care for Vulnerable Geriatric Patients in an Acute Care Hospital: A Case Series”, Case Reports in Medicine, 2016. | Hindawi Publishing Corporation

前回の記事での主要な結果

急性期病院に入院している介護拒否が見られる認知症患者3名に対し、従来型のケアを行い、それに引き続きユマニチュードのケアを行いました。一連の状況をビデオで撮影し、比較しました。

3事例を平均した結果は以下の通り(下表)です。

 

単位

従来型のケア ユマニチュード
全体 227.2 228.1
見る 0.6 12.5
話す 15.7 54.8
触れる 0.1 44.5
攻撃的言動 38.6 0.1

注:この表はレポートにもとづき、編集スタッフで作成

 

この表から読み取れることは以下の通りですが、ポイントは、1回あたりの関わりで、「見る」、「話す」、「触れる」のそれぞれに対し、従来型のケアに比べ、ユマニチュードにおいて多くの割合の時間がかけられていたという点にあります。

 

・従来型のケアは全体で227.2秒かかり、ユマニチュードでは228.1秒かかった。

・従来型のケアでかかった全体の時間(227.2秒)のうち、「見る」には0.6%、「話す」には15.7%、「触れる」には0.1%の時間がかけられていた。一方、ユマニチュードでは全体の時間(228.1秒)のうち、「見る」に12.5%、「話す」に54.8%、「触れる」に44.5%の時間がかけられていた。

・従来型のケアの時間では38.6%の時間で患者に攻撃的な言動が見られたのに対し、ユマニチュードでは0.1%の時間で攻撃的な言動が見られた。

 

今回ご紹介する「マルチモーダル」を示す結果

このビデオ分析では、「見る」、「話す」、「触れる」が同時に患者に施されていたかも評価されています。「マルチモーダル」という言葉を先行して提示して、ここまで引き延ばしてきましたが、3つのうち2つ、すなわち、「見る」と「話す」、「見る」と「触れる」、「話す」と「触れる」の2つを同時に行っている、また、「見る」と「話す」と「触れる」の3つ全てを同時に行っているということが「マルチモーダル」で指し示していることになります。

 

この観点で、従来型のケアとユマニチュードを比較した結果を下表では示しています。

同時に行って
いる数
従来型のケア % ユマニチュード %
事例1 事例2 事例1 事例2
76.3 69.2 13.8 21.5
23.1 29.7 35.2 42.3
0.5 1.1 32.7 35.4
0.1 0 19.7 0.8

注:この表はレポートに基づき、編集スタッフで作成。3つの事例のうち2つの事例を抜粋した。

 

この表から読み取れることは以下の通りですが、ポイントは、従来型のケアに比べ、ユマニチュードで、「見る」、「話す」、「触れる」の働きかけを同時に行っているという点にあります。ユマニチュードでマルチモーダルな働きかけがなされていると言い換えられます。

 

・事例1では、従来型のケアを行っていた時間のうち76.3%は、「見る」、「話す」、「触れる」を同時に行っている数は0であった。つまり、76.3%の時間、いずれも行っていなかった。同時に行っている数が1、すなわち、「見る」、「話す」、「触れる」のどれかを行っていた時間が23.1%であった。「見る」、「話す」、「触れる」のうち2つを同時に行っていた時間が0.5%、3つのすべてを同時に行っていた時間が0.1%であった。事例2で、従来型のケアを行っていた時間の内訳については同様に、同時に行っていた数(以下、適宜「同時の数」とも記す)が0の時間は69.2%、同時の数が1の時間は29.2%、同時の数が2の時間は1.1%、同時の数が3の時間は0%だった。

・事例1では、ユマニチュードを行っていた時間のうち、「見る」、「話す」、「触れる」のどれも行っていなかった時間が13.8%、同時の数が1の時間は35.2%、同時の数が2の時間は32.7%、同時の数が3の時間は19.7%であった。事例2で、ユマニチュードを行っていた時間の内訳については同様に、同時の数が0の時間は21.5%、同時の数が1の時間は42.3%、同時の数が2の時間は35.4%、同時の数が3の時間は0.8%であった。

 

コメント1 結果のまとめ―前回の結果と合わせてユマニチュードを総合的に理解―

前回の結果からは、ユマニチュードにおいて、従来型のケアと比べて、1回あたりの関わりで、より「見る」ことに時間をかけていて、「話す」ことや「触れる」ことににおいてもより時間がかけられていることが分かりました。
さらに、今回の結果から、ユマニチュードでは、「見る」、「話す」、「触れる」がバラバラに行われているのではなく、「見る」ことをしながら「話す」、「話す」ことをしながら「触れる」など、「見る」、「話す」、「触れる」が同時に行われていることが分かりました。

コメント2 「マルチモーダル」と人工知能(AI)

「マルチモーダル」は人工知能(AI)―人間の知的能力を人間に代わってコンピューター上で実現させる技術―をめぐる議論のなかでは、画像と音声など、複数の異なる情報を組み合わせて情報処理をすることを言います。複数の情報を組み合わせることで、情報処理の精度が上がります。例えば、人間においても、周囲に騒音があるような音声が聞き取りにくい環境下で、話し手の口の動き(視覚/画像)を声(聴覚/音声)と同時に読み取ることにより、正確に音声を聞き取ることができます。(注1~3)

 

状況認識が難しくなった認知症患者にとっても、「見る」ことをしながら「話す」、「話す」ことをしながら「触れる」など、複数の働きかけを同時に受けることは、状況判断―この状況が安心してよい状況なのかどうか、自分が大事に接してもらえているかどうか等―の助けとなっていると考えられます。
このことは、介護をする側から見れば、認知症の方に対して、どうすれば「あなたを大事に思っている」ということが伝わるかのヒントとなることでしょう。

コメント3 介護技術の客観的評価

このレポートでは、ビデオ分析により、従来型のケアとユマニチュードの違いを数量的に表現することができていました。
「見る」、「話す」、「触れる」にどれくらいの時間がかけられているか、これらを組み合わせて同時に行うことにどれくらいの時間がかけられているか。このように観点を決めて従来型のケアとユマニチュードのぞれぞれで数値化したときに、2つの間に違いが現れたということでした。有意義な知見と思います。

 

ビデオ分析での評価は、介護技術の客観的評価の可能性を開くものと言えるでしょう。
関連事例の紹介となりますが、今年の7月、京都大学から、「ユマニチュードの技術」をAIで評価する手法を開発したという研究成果の発表(注4)がありました。
内容は以下の通りです。

 

・介護場面で、介護者が頭部にカメラを装着して、ビデオ撮影する。

・(ビデオ撮影による)映像に対して画像認識などの技術で、介護者と被介護者の間のアイコンタクト成立頻度、顔(介護者)と顔(被介護者)の間の距離(以下、適宜「顔間距離」と記す)などを調べる。

・その結果、初心者/中級者/熟練者の間でアイコンタクト成立頻度や顔間距離などの間に大きな差が見いだされた。

 

この成果に基づき、介護技術を学ぼうとする学習者が、頭部にカメラを装着して介護を行うと、アイコンタクト成立頻度や顔間距離などに基づき、スキルレベルの推定ができるとのことです。
ということは、熟練者と差があった場合、差を埋める努力の方向性が、感覚を超えて客観的に語ることができるのであろうと期待を込めながら思います。

コメント4 コーチングAI

AIによる介護技術の客観的評価(コメント3)に関連して、さらに、AIによる指導・教育(コーチングAI)という事例を最後に紹介します。

 

技術を教えるということは、介護の現場で、指導者(先輩)が学習者(後輩)を対面で指導するというのが従来の形でした。「教える」ということを、ビデオ撮影による映像(動画)とAIの技術を組み合わせて指導者がなしでも実現させようというコーチングAIの開発も既に始められています。

 

株式会社エクサウィザーズ(←リンクあり)がコーチングAIの開発を進めています。それは既に開発済のリモートコーチングを前提としたものです。
リモートコーチングでは、学習者が自身の実践動画を撮影し、アプリで動画を送付します。指導者は、アドバイスをしたい場面で、動画にコメントを返信します。コメントは音声でもできますし、赤ペン先生のように動画に直接、助言を書き込むこと(テキスト)でもできます。
そして、指導動画のデータを集めて解析することで、失敗や間違いをパターン化でき、人ではなく、AIがアドバイスできるようになる(コーチングAI)ということです。(注5~6

 

教えるということが、「対面での指導」から「遠隔での指導」へ(リモートコーチング)と進化し、さらに(「指導者による指導」から)「AIによる指導」へ(コーチングAI)と進化していく流れが見て取れるかと思います。
コメント3と4により、学習者の自己学習も、指導者による指導もAIにより変わっていくという気運の胎動を感じていただければ幸いです。

 

(文:星野 周也)

 

 

 

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE