アルコール性認知症

2018/07/03
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

 

 

こんにちは、認知症Cafest Online編集スタッフのUです。

 

自営業を営んでいる知人の話ですが、物忘れがひどくなり、受発注ミスや見積書や請求書のミスが実際の仕事に支障が出てしまい、周りの勧めで、病院を受診しました。

 

結果、アルコール性認知症と診断されました。
医師には当然,断酒を進められましたが、本人は受け入れがたいらしく量を減らすことで治療を始めました。

 

 

幸いにも量を控えることで、すぐに改善傾向がみられました。
アルコール性認知症ではビタミンB1欠乏による栄養障害などが原因の一つと言われています。

 

 

ビタミンB1を多く含む食品としては、穀類のはい芽(米糠)豆類豚肉レバーなどがよく知られています。

 

特に、ビタミンB1の含有量が多く摂りやすいのが豚肉です。

夏バテ防止に豚肉を食べるとよいといわれるのは、夏場はあっさりとしたそうめんなど糖質中心の食生活に偏りがちだからだそうです。

 

私もお酒が大好きなので、身近な知人に起こったことで、より他人事ではないな~と感じました。
…が量は減らせていません。。。

 

 

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE